« 稗と米に教わる | トップページ | 自転車のまち »

多々とよばれて

病気や精神的に参っているとき、傍らでその痛みや苦しみを理解してくれる人がいると、痛みや苦しみは同じでも、軽く感じられることがありますね。傍らにいてくれず遠くにいてもいつも私をこころに掛けている存在が感じられたときも、不思議とらくになるものです。
仕事で悩んで親元に帰ってきた娘といっしょにお内仏に向かい「救世観音大菩薩 聖徳皇と示現して 多々のごとくすてずして 阿摩のごとくそいたもう」の親鸞和讃をお勤めして、多々と阿摩はパパママのことと話してから、彼女は気が楽になったようで、父親の私を多々と(メ-ルでは)呼ぶようになりました。聖徳太子に感謝!!・・・・釈 宝樹(辻 正三)

|

« 稗と米に教わる | トップページ | 自転車のまち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アイデア一番さま

昨日はいろいろとお世話になりました。
ブログを始められたということで
私も触発されて、公開用のブログを始めてみました。
一緒にマイペースで頑張りましょうね。

投稿: 釈尼浄然 | 2007年9月 4日 (火) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/456681/7795410

この記事へのトラックバック一覧です: 多々とよばれて:

« 稗と米に教わる | トップページ | 自転車のまち »