« 手垢の法義相続 | トップページ | 連れ合いの元気 »

手垢の法義相続・その2

 回心(仏教ではえしんと読みますね、キリスト教では

かいしん かな)という言葉が数ヶ月前から頭から

離れないのです。

 一瞬の信心が起こればまた元の不信心の人に戻っても

(必ず戻っちゃうのですが)ただの未安心では無くなるのでは

無いかと思います。

 お勤めをあまりしなかった今は亡き父親の、お盆や正月前に

一人で仏具のおみがきをしていた姿だけは思い出すのです。

今は子供と一緒に私がしています。これも無言の法義相続

だったのかも知れませんね。

 お寺やお内仏はいつでもようこそようこそと召喚していて

くださっているのですから、(勝手に思っているのですが)

行きたくなったらいつでも素直にお邪魔させていただくこと

にしています。理由はあまり必要ないかな。

|

« 手垢の法義相続 | トップページ | 連れ合いの元気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お褒めいただきありがとうございます。
携帯とパソコンのブログは同じものです。
私は携帯電話を持たないことにしているのです。
いつでも補足されたくないというのが最大の理由ですが、使い方もよくわからないのです。
こらからも気が向いたときに覗いてくださいね

投稿: 釈 法樹 | 2007年9月24日 (月) 21時29分

携帯のサイトはこの前見せていただきましたが、パソコンのブログも大変立派にできていますね。感心してしまいました。

投稿: 中根壯治 | 2007年9月24日 (月) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手垢の法義相続 | トップページ | 連れ合いの元気 »